Life is Beautiful

BEAUTY CARE

2019-09-30

PAって?肌にどんな影響が?

秋の肌ケアが10年後の肌をきめるかも!

日焼け止めなどによく見かけるSPF値。その横に書いてあるPA++++。これは、紫外線UVA波をどの位防ぐかの値です。+が多ければ防御効果も大きくなります。

一般的によく気にするSPF値は、5月から8月をピークに強くなるいわゆる夏場に肌を黒くする「レジャー紫外線」UVB波です。こちらを防ぐのが紫外線対策と思っている方が大変多いです。

でも、このUVB波よりも、PA++++で防御効果が表されるUVA波の方が、とても厄介なんです。

UVA波は、地表に降り注ぐ紫外線の約9割。

しかも、一年間を通して、夏場とほぼ変わらない紫外線量で降り注いでいます。

更に、波長も長く、

曇りでも、

家の中でも、

車の窓ガラスでも通り抜けてくる、

いわゆる「生活紫外線」です。

美しい肌を作る大切な部分である、真皮層まで到達し、ゆっくりと肌を黒くして、ハリや弾力をつくるコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を作る線維芽細胞を傷つけ、弾力を失い、シワやたるみの肌悩みの原因に。

更に、晴れの日だけではありません。

曇りの日で、晴れの日の65%位、雨の日でも20%位。

時間も朝7時頃から日が暮れるまで、

朝の通勤やベランダでの物干し、お花に水やりなんて時も、

窓辺にたまたま座った、なんて時も。

UVA波はゆっくりとダメージを与えて、見た目肌に影響があるので、10年後の美肌の為には、このUVA波対策をしっかりおこなうのも大切です。

しかも、少し涼しくなってきて紫外線ケアも忘れがちな秋のお手入れは、かなり重要。

夏は太陽が真上あたりにいる為、紫外線を防ぐのも、真上を意識して帽子や日傘でも効果的ですが、秋から冬、春の紫外線は斜めや横から縦横無尽に降り注ぎます。360度のケアをこころがけてください。

ルミエール 商品購入はこちら